本文へジャンプします

小規模多機能型居宅介護「きずな」

HOME

最新情報

きずなの一日

地域とつながる

施設のご案内

ご利用案内

HOME最新情報一覧 > 記事

なごみ・きずな・であい 合同 大焼肉大会

 更新日:2016年11月11日

 であい小規模、であいグループホーム、小規模多機能きずな、なごみの4つの部署が一つになる企画を行いました。暑さがまだ残る9月23日(金)に大焼肉大会を開催しました。

大焼肉大会 事の始まりは、「であい」の女性利用者さんが焼肉屋で働かれていた時の話を聞いたことがきっかけです。焼肉屋の準備は大変で、大きな肉の塊をさばいたり、秘伝のタレ作りをしたり、大量の食器を洗ったりと大忙しだったらしいです。「タレにはたくさんの醤油と鯛味噌とケチャップと…」と、利用者さんの話では、タレの材料はスーパーで買えるものがほとんどでした。

 そこで、職員の間ではみんな一致して、「秘伝のタレはどのような味なのか?」味見したくなりました。

 タレは当日まで2回試作品を作りました。始めのうちは辛かったり、水っぽかったり、記憶をたどりながら、味の再現を進めました。2回目の試作品の段階ではとてもおいしい焼肉のタレが出来上がりました。

 大焼肉大会当日は4事業所、総勢90名の利用者さん・職員の参加になりました。大きなコンロに大量の肉が焼かれ、みなさんガツガツと焼肉を食べられていました。鍋一杯に作ったタレもすべて使い切りました。

大焼肉大会

 途中には、きずなの職員と利用者さんが中心となり、舞台でダンスを披露してくれました。

大焼肉大会

 最後に、タレ作りをしてくれた、女性利用者さんに挨拶をしてもらいました。涙をこらえつつ、大変だったこと、嬉しかったことを話してくれました。

 焼肉もタレも大成功。みなさんとても良い笑顔でした。

大領地域の家であい 小規模 柿木 嘉仁

大焼肉大会

 

copyright 2007- ライフサポート協会