本文へジャンプします

社団法人ライフサポート協会

ライフサポート協会
[事業のご案内]

ボランティア窓口

よくあるご質問

お問い合わせ

地図

フロント > よくあるご質問

よくあるご質問

(社会福祉法人)ライフサポート協会の各施設へ寄せられたご質問です。ご参考にしてください。また、ライフサポート協会や各施設へのご意見・ご相談・ご質問はどうぞお気軽にお知らせください。

総合福祉センターへのご質問

Q.どのような相談にのってくれますか
A.お困りごと何でもご相談ください。主として障害者の方々の生活に関する相談事業をしていますが、年齢・障害の有無に関わらず、地域の方々が気軽に困った事を相談できる窓口となっています。
相談員がお話を聞いた上で問題解決に向けて一緒に考え支援させて頂いたり、それぞれ適していると思われる機関をご紹介いたします。
Q.相談はどこでしたらいいんですか
A.来館して下さっても電話でも、またはFAX・メールでも結構です。また、外出しにくいようであれば相談員がご自宅まで訪問せせて頂きます。費用は一切かかりません。

なごみへのご質問

Q.最近、足の痛みがあって和式トイレがつらいのですが・・・
A:方法は2つあります。
1つ目は、据え置き式便器を購入(福祉用具購入)し、和式トイレに据え置く方法。制度を利用せずに購入した場合、取り扱い業者により若干金額が変わりますが1万5千円前後かかります。要支援・要介護認定を受けておられる方で、介護保険制度を利用して購入される場合は、その1割の負担で購入できます。お体の状況によって、トイレまで行くのも難しい場合はポータブルトイレといってベッドの横などに置くことによって室内での排泄が可能なものも福祉用具購入対象となっています。

2つ目は、介護保険制度を利用して洋式便器などへの取替え(住宅改修)を利用する方法です。住宅改修では転倒を防いだり自立しやすい生活環境を整えるための小規模な住宅改修に対してその費用が支給されます。ただし、住宅改修のための申請が必要となること、また保険給付対象とならない場合もありますので必ず工事着工前にケアマネジャー等に相談して下さい。

どの方法とも利用限度額が設定されていますので、必ず事前にご相談されることをお勧めします。
Q.自分で調理を行うことが困難で無理があるのですが・・・
A:市町村事業として生活支援型の食事サービス(お弁当の配食)を行っている地域があります。多くは、社会福祉法人などに市町村から事業委託し実施されています。利用対象者やどこで実施されているのか、どういった内容なのか等は地域の在宅介護支援センターなどにお問い合わせ下さい。

また、介護保険では訪問介護サービスを利用することにより、買い物や調理を行うことも出来ます。
Q.身の回りのことは何とか出来るけど、掃除ができなくて・・
A:介護保険では訪問介護サービスを利用することにより掃除を行うことが出来ます。ただし、本人以外の部屋の掃除・庭の草むしり・大掃除等のサービスは介護保険給付対象外となります。

じらふへのご質問

Q.子どものことで相談したいのですが
A:専門家による療育相談を行っています。詳細は「じらふ」までお問い合わせください。
電話:06-6674-9900

オガリ作業所へのご質問

Q.ボランティアは募集していますか
A:はい。月曜日から金曜日の10時-16時まで、日常作業の準備や援助のボランティアを募集しています。ボラさんは「作業の指導者」ではありません。一緒に話をし、動き、楽しんでください。

ふうがへのご質問

Q:利用するのにお金はかかるの?
A:利用は原則無料です。ただしサービスの利用やプログラムにかかる実費と飲食代は負担していただきます。
Q:登録したいのですが手続きは面倒ですか?
A:まず面接させていただきお話をお伺いいたします。その上で利用規則をご了承の上、登録用紙に必要事項を記入していただき、ご登録となります。
Q:他の作業所やデイケアに通っているのですが利用できますか?
A:はい。皆さんのご都合に合わせて利用してください。
Q:ピアカウンセリングって何ですか?
A:ピアとは“仲間”のこと。ここでは同じ障がいで悩む人が自分の経験したことや学んだことを通して、共感しながら相談を伺うことです。現在第2・4木曜日の午後1時から予約制で行なっております。
Q:センターの「憩いの場」には、いつ行ってもよいのでしょうか?
A:開所中でしたらセンターの出入りもプログラムの参加も自由です。プログラムによっては参加の予約が必要なものもあります。
 

copyright 2004- ライフサポート協会